2011年04月05日

続・授乳クッションを作る

そらまめです。

産休です。

昨日始めた授乳クッション(抱き枕兼用)つくりのつづきです。
写真を撮ったので画像もアップしたいけどやり方が微妙なのでとりあえず記事だけ。

とてもIT業界に勤める人間とは思えませんが・・・。


【作り方】
2.生地を型紙に沿ってきります。

 使う生地は2種類です。綿を入れる本体用と、カバー用。
 本体用には、ナイロンの生地が余ってたのでそれを使いました。
 カバー用は以前自分が使ってたふるい羽毛布団のカバー。ちょうど上と下(布団の表と裏)の生地が違うのでそのまま、上がチェック、下が無地のクッションにします。

 中綿用は、縫い代を1cm周囲にとって。
 カバー用は、型紙より気持ち大きく(5mmくらい)、してさらに縫い代を1cmとります。
 ついでに言うと、このクッション、のちほど端っこをボタンで留めて円形にできるように
 したいので、カバー用だけ端のところに3cmくらい余分に布をとりました。
 (ボタンホールと、ボタンをつける余裕分)

3.仮縫い。

 生地が切れたら仮縫い。仕付け糸を使ってざくざく縫います。

 本体用は、綿を入れる部分を縫っちゃダメなので仮縫いもそこだけしません。
 15cmくらいですね。あけてあります。


 カバー用は、少しめんどくさいですが、ファスナーをつけますので、まずそこから。
 あーファスナー長すぎたな。
 昨日の生地には、120cmと書きましたがもっと短くて大丈夫です。
 70cmとかかな。
 ファスナー部分以外もざくざくと仮縫いして終了。


あしたいよいよ本縫いで完成予定です。


なんだか、手芸といえばミシンでがしがし縫ってるイメージがありますが、個人的には今日のこの工程、生地を図って切って仮縫いというのが一番めんどくさい気がします。
間違えてもやり直しきかないしねえ。

・・・上記2段階だけで3時間半。

早めに画像アップしますね・・・。

 





posted by そらまめ at 11:49| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。